nobusoft title
 TOP PAGE
 Information
 SOFT
 汎用ツール
ARCount
2002/4/20
TFComp
2009/07/07
ChrTrim
2003/5/3
GetLS
2001/2/21
 COBOL ONLY
ByteCnt
2013/11/30
 普通のツール
ReName
2002/4/9
DayName
2000/1/17
ULRead
2001/6/26
 よくある質問
 HARD
自作PC格闘編(1)
2000/4/17
自作PC格闘編(2)
2000/4/17
自作PC その後
2006/3/25
札幌市内Shop編
2006/3/25
 HOBBY
 KIDS 
 BIKE 
 LINK 
ハードな内容
自作PC その後 / その後の経過報告
メモ / 勝手にまとめたメモです。
  1. SMART DRIVE 導入の手順と結果 2000.4.下旬
  2. ATX電源 2002.3.下旬
  3. Libretto50 入手...破壊...そして... 2001頃(昔のネタが見つかりました。とりあえずアップ 2006/03/25)


 (↓以降 2000.5.9 更新分)

自作PCを作る際に苦労したこと、失敗談、成功話、結果報告などをまとめました。

(注意)知識不足等で意味不明な文章、誤っている個所等あるかもしれません。ご了承ください。

(注意)クロックアップ等は自己の責任の下に行ってください。
  私は何の保証もしませんし、これらのページに書かれているからと言って
  実行したことによって生じた損害を保証する義務も負いません。

その後の経過報告
  1. HDDの音 比較!?  2000.4.上旬
  2. そう言えばHDDの引越しをこんな方法でしました 
  3. SMART DRIVE 導入の手順と結果 2000.4.下旬

 ※各タイトル右の (↑)はこのページの先頭目次へジャンプします
 
1.HDDの音 比較!?  2000.4.上旬 (
さて、以前に書いた IBM と Quantum のHDDの音についてですが、ある日、本屋で立ち読みしていると「各メーカーHDDの比較」というような特集があり、そのなかで 「IBM も Quantum も音は同じようなもの」(自己流解釈)みたいなことが書かれていました。
そんな馬鹿な。確かに家の Quantum はうるさく、仕事場のIBMは静かだ!と思いました。 が、帰宅後、実験することに。 まず Quantum のHDDをケースから外し手に持った状態で起動。
すると、これがまたびっくり。音が静か!! これは・・・どうやら今まではケースに振動してうるさいらしい。 ちなみにケースは自宅のほうが大きめのミドルタワー。仕事場は小さ目のミドルタワー。 多分、小さい分振動が少なく、結果「静か」になっているものと思われる。
そこで、振動防止のため Quantum HDD を 3.5"ベイから 5"ベイへ移動しようという作戦になった。 でも、単純に「金具」を買ってきて付けてもあまり期待できないので「静音・制振動」という言葉を売りにしている金具を購入。結構割高でした。 これを使って5"ベイへ取付。
すると見事にあの不快な音はなくなりました。もちろんある程度は音がしますが「かなり違う」という結果になりました。
これなら同じケースで同じ場所にHDDを取付比較するとそんなに差は無いと思われます。
どうやらHDDの音は「気持ち的な問題」と「ケースの造り的な問題」が大きく左右しているようです。
今度機会があったら、同じケース、同じ取付位置でテストしたいと思います。
2.そう言えばHDDの引越しをこんな方法でしました (
すっかり忘れていましたが、以前古いパソコン(FMV DESKPOWER)のHDDを換装しました。
その際におこなった「HDDの引越し」方法をご紹介します。(タダ!0円です)

これは新規購入したHDDをCドライブとし、現在のCドライブデータをそのまま引き継ぐ方法です。
Windowsの再インストール等を必要とせず、便利です。

換装前
 旧HDD FMV DESKPOWER 標準 2.6G プライマリー の マスター接続
 新HDD IO DATA の HDD 8.4G 購入

換装方法
1.新HDD をプライマリーのスレーブまたはセカンダリーに接続し通常通り DOS の FDISK で 新HDD をフォーマットします。 この際、基本領域を必ず作成します(起動ドライブには基本領域が必要)。
2.再起動後、Windowsが立ち上がったら「マイコンピュータ」の「プロパティ」を開く。この際、新HDD が Dドライブとして認識されているのが正しいです。
3.プロパティの「パフォーマンス」の「仮想メモリ」ボタンを押下し、仮想メモリの設定を「自分で設定する」の「仮想メモリを使用しない」に変更。再起動要求に従い再起動する。
4.再起動後、エクスプローラでCドライブの全てを選択し「コピー」。Dドライブを選択し「貼り付け」を行う。この際、エクスプローラのオプションで「全てのファイルを表示」にしておかなければ隠しファイル等の漏れが発生します。必ず「全てのファイルを表示」にします。
5.コピー終了後、Windowsの終了を行います(電源を切る)。
6.旧HDDを外し、変わりに新HDDをプライマリーのマスターへ接続します。
7.fdiskの「Set active partition」でCドライブを選択します。(Status A となります) [ 00.9.23 追記 ]
8.その後、電源を入れWindowsが起動されれば成功です。仮想メモリの設定を「自動」に戻し、再立ち上げで終了!!
 
換装後
 新HDD IO DATA の HDD 8.4G プライマリー の マスター接続
 旧HDD FMV DESKPOWER 標準 2.6G セカンダリー の マスター接続

※旧HDD の使い道はご自由にどうぞ。私の場合、FDISKで全て拡張領域とし増設ドライブとして使用しています

(注意)この方法について、失敗した場合、データの紛失等につながります。
 あくまでも自己責任でお願いします。当方では一切の責任を負いません。
3.SMART DRIVE 導入の手順と結果  2000.4.下旬 (
SMART DRIVE を購入し、早速取り付けて見ました。その手順と結果報告です。
→こちら。

Copyright © 1998-2009 NOBUSOFT